プロフィール

あなたに合うヒプノセラピストを探すには?

催眠療法のセッションで、何より大切なことは

クライアントさんとセラピストとの信頼関係だといわれます。

 

しかし、初めて催眠療法を試してみたいという方は

どのようにして

心を許せるセラピストを選んだらいいのでしょうか。

 

事前に会ってお話をして、お互いの雰囲気を感じてみて

それから≪受けてみようか≫

≪いや、やっぱり止めよう≫と決めるのが理想ですよね。

 

実際には、時間コストや移動コストを考えると

この手間を省いて、言葉は悪いのですが

一種の儲けのような気持ちで

試しに受けてみるという場合が多いのではないでしょうか。

 

セラピストの資格や肩書だけではなく

今までにどんなことに興味を持ち

どんな人生を歩んできたのかを前もって知ることができれば

そこから、その人となりを判断することが

少しはできるかもしれません。

 

私のように長い人生を歩んできて

人生の最終章にさしかかった人間には

さまざまな分野の経験と

それに伴う感情と学びが蓄積されています。

 

これらは、使い方を間違えると悪いほうに作用しますが

セラピストにその認識があれば

セッションの効果を高めるほうに作用するでしょう。

 

このような思いがありまして

私のこれまでの試行錯誤の道のりを

思いつくままに記載することにいたしました。

 

最短ルートがあるのに

まわり道をいつも選んできたのは

見えない世界からの配慮だったのかも。

≪広く深く学びなさい≫との・・・

 

 私のプロフィール

●東京外国語大学フランス科卒業。

●大手時計メーカー研究開発部で、時計文献の翻訳業務。

 

●幼児の英語の視聴覚教育を自宅にてスタート。

独自の学習法を取り入れて27年間継続。

 

●ヨガや経路体操をそれぞれ2年間ぐらい学ぶ。

今も生活の一部になっている。

 

●シャーリー・マックレーンの「アウト・オン・ア・リム」との

出会いをきっかけにして、見えない世界の存在に初めて興味を持つ。

 

●持病の慢性腎炎の改善のため

奈良・生駒山の断食道場で本断食体験(25日)。

 

●森下敬一氏の自然医学・腸造血論に出会い

通信教育で自然医学フード・コンサルタントの資格を得る。

 

●東京・四谷で開催の「気功カレッジ」受講(数日間)

気功師資格を得るが、今はほとんど忘れている。

 

●真空浄血療法(いわゆる吸い玉)に出会い機器を購入。

心臓のツボから大量の水泡液が出た後に

胸苦しい感じが消失するという貴重な経験をする。

今も生活の一部になっている。

 

●光線療法に出会い、機器を購入。

太ももにできたグリグリに照射したら

1週間で消えて驚いたことがある。

 

●熱海温泉道場で、半断食体験。

大森英桜先生による食養指導を受けて

マクロビオティックに興味を抱く。

 

●代々木上原のマクロビオティック料理教室に参加する。

伊藤のり子先生ご夫妻のお人柄に惹かれ3~4年通う。

ここで多くの精神世界の本をお借りして啓蒙されたことが

それからのサイコスピリチュアルへの道を開く。

 

このとき、頂いたのり子先生の言葉が今もよみがえる。

インプットばかりでなく、いつかはアウトプットしないとね

20年の時を経て、今やっと、現実に。

 

 

●成田にて酵素断食を一週間体験。

ヒノキのオガ屑風呂に入りながら、デトックス。

この2日後に受けたチャネリングで言われたこと。

≪あなたのエネルギーが清らかなので

私の方が癒されました。ありがとう≫

カラダと心のデトックスができたということかも。

 

●O-リングテストの教室に通う。

●O-リングテストの学習を通して

その器械バージョンの波動測定を知る。

 

●波動測定の天才的人物を通して、その深遠さに触れる。

この方の紹介で、統合医療の仲間の一員となる。

 

●【病は魂からの、気づきを促すメッセージ】という

統合医療の考えに深い共感を覚える。

 

統合医療の一助にと

仲間と一緒にヒプノセラピー研修100時間を受講。

アメリカ・NGH認定のヒプノセラピスト資格を取得。

 

●セラピストとしてブラッシュアップのため

トリシア・カエタノ氏による過去世退行のプロ養成講座修了。

●エリクソン催眠のメタファーの使い方を

トーマス・コンドン氏に学ぶ。

 

●統合医療の仲間の方の紹介で

ヒプノセラピーの出張セッションを体験。

そこで臨場感あふれる前世場面を見せていただき

なおかつ、クライアントさんご自身が

自ら今世への気づきを得るという瞬間を共有する。

身体の奥底からこみ上げるような喜びが起こり

それまでの人生では未体験の感覚に衝撃を受ける。

潜在意識が喜ぶとは、こういう感じなのかも・・と。

 

●感情と筋肉との密接な関係を学ぶために

ウェルネス・キネシオロジーの

ストレス・リリース①と②の講座修了。

 

●この講座の際、【自分のやりたいこと】を筋肉に尋ね

その反応をみるというエクササイズがあり

【プロのヒプノセラピストになりたい】という思いに気づく。

年齢を言い訳にして顕在意識では、半ば諦めていたもの。

潜在意識が筋肉を通して

本当の気持ちを知らせてくれたのだと思う。

 

●統合医療の仲間の方から

エンソフィックレイ・ヒーリング・モダリティを

ワン・セッション受けたあと

魂の本来の軌道にのる勇気が不思議と湧いてくる。

 

●2009年に≪胸腺体質とは?≫で検索しているときに

澤征一郎先生の中医経路超電療法に出会う。

自律神経を測定することができる≫という事実と

≪それによって≪体調を自分で管理できる≫という事実を知り

それまでの私の健康への意識に、新しい風が吹き込む。

 

すぐに機器を購入。

自分や家族のカラダを通して、その驚くべき効果を見せられる。

もっと深く知りたくなり、クライアントとして

毎月のように、調整を兼ねて先生のところに勉強に通う。

あくまでも自分と家族の健康のためという動機だけで・・・

 

●催眠療法・リュミエールのオープン準備中

ふとこんな思いがひらめく。

経絡調整を催眠誘導に利用できないだろうか?≫と。

私自身、交感神経の緊張しすぎが原因で

なかなか入催眠できなかった経験があったので・・・

 

●クライアントさんの自律神経の状態を知るために測定器を購入。

測定法を学ぶために短期間に16回(計64時間)澤先生のところに通う。

 

●最終日、澤先生から思いがけない言葉をかけられる。

≪経絡教室を開いてみないか≫

1週間の躊躇の後

これも何かのメッセージかも知れないと思い

目の前にきた流れに乗ることに決心。

自分と家族のためから

多くの人の健康のためへと、意識のシフトが起こる。

 

●2014年1月、中医経絡超電療法研究会の認定指導員の資格を取得。

 

ウェルネスという言葉がある。

カラダとココロの両方が健康で幸せである状態を指す。

経絡のバランスを整えることでカラダにアクセス

催眠療法で心の深い領域にアクセスする。

私が目指す催眠療法は

ウェルネス・催眠療法≫といってもいいかも知れない。

 

 

ページ上部へ戻る