初めての方に

あなたは催眠にどんなイメージをお持ちでしょうか。

テレビで行っている催眠術を

思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

≪自分の意識がなくなってしまうのではないか≫

≪自由自在に操られてしまうのではないか≫

≪やりたくないことまでさせられてしまうのではないか≫

≪言いたくないことまで言わされてしまうのではないか≫

と、不安に思うかも知れませんね。

 

しかし

実際には、そのようなことはありません。

あくまでもテレビのショーだと思ってください。

本来の催眠状態とは、ちゃんと意識もありますし、

かえって起きている時よりも、意識は敏感になっているものです。

 

催眠状態とは、脳波で言えばアルファー波状態のときです。

ちょっと眠気を催している時や

身体的にリラックスしている時や

ぼんやりしている時などです。

 

人は誰でも

一日に何回も催眠状態に自ら入っているのです。

どうしても催眠という言葉から

何か特殊なイメージがあるのも事実ですが

日常的なことで、生理的自然現象なのです。

それを催眠状態と意識していないだけなのです。

 

例えば、電車に乗って、うつらうつらしている時

完全に眠っているわけではありません。

周囲の話し声や、電車の音も聞こえているはずです。

駅に着けば、ぼーっとしながらも、ちゃんと降りていきます。

 

マッサージを受けたときも

気持ちよくて眠くなりませんでしたか。

このときも催眠状態です。

 

催眠状態になることによって

あなたの潜在意識の扉が開いていくと考えてください。

しかし

潜在意識の扉が開いたことは

ほとんど自覚できないと思ってください。

なぜなら

催眠終了後、こんな感想をいただくことがあるからです。

≪催眠に入っていたような気がしない≫

≪ 周りの音もちゃんと聞こえていたよ≫

≪自分が何を話しているか、ちゃんと分かってたよ≫

≪口が勝手にしゃべっているような気がしたよ≫

 

あるクライアントさんは

≪出まかせを言ってる感じがして≫と表現していましたが

この感覚こそ、潜在意識の扉が開いていた証しなのです。

 

催眠状態の世界を舞台に例えてみましょう。

顕在意識(表面意識)は

舞台のソデに隠れて舞台の様子をうかがっています。

潜在意識(無意識)のデータバンクからは

次々に情報が送られてきます。

 

顕在意識(表面意識)のフィルターを通していませんので

≪口が勝手にしゃべっている感覚≫があっても

不思議ではないのです。

 

顕在意識は判断・分析・批判が得意ですので

つい、ちょっかいを出したくなる時が、たまにあります。

そんなときは

クライアントさんはこんな言葉をつぶやいたりします。

≪カノン? 男性なのに、これって女性の名前だよね≫と。

こういうときは、取り合わないでスルーしてください。

相手にされなければ

顕在意識は、あきらめてソデに戻っていきます。

 

催眠療法(前世療法)って、具体的にどんなものでしょうか。

ひと言で言うと

感じるのは、過去世≫ そして

分かるのは、今の自分自身≫と言えます。

目に見えない世界である前世を

自分自身で感じるという体験をします。

 

セラピストが

≪あなたの前世は○○ですよ≫と言うわけではありません。

クライアントさんが潜在意識のなかを旅して

自分自身で感じるのです。

 

セラピストの役目は

常にクライアントさんと共にいてサポートすること。

クライアントさんは

リクライニングチェアでゆったりと寛いでいます。

 

セラピストが誘導の言葉をかけていくと

自然と前世の場面にさかのぼってイメージが浮かんできます。

と言っても、セラピストが

イメージをコントロールすることは、決してありません。

 

クライアントさんの

イメージ・スクリーンが動かなくなったときなどに

≪その後どうなりましたか≫

≪先ほどの場面に戻りましょうか≫

≪時間を30分先へ進めましょうか≫

などという言葉で

ちょいと背中を押して手助けすることをします。

 

クライアントさんは

セラピストの問いかけと誘導に応じながら

前世の出来事やそのときの感情をどんどん受けとっていきます。

 

催眠には、イメージは欠かせないものです。

イメージというと

見るものという認識をされる方が多いと思いますが

聞くイメージ、感じるイメージも同じイメージなのです。

 

見るイメージも、写真のように鮮明に見える方は少なく

映像の上に霧がかかっているような感じとか

何となく見えるような気がするという場合が多いようです。

 

どのようなタイプであっても

何が起こったか

それにより自分はどう感じ、どう思ったか

というストーリーがだんだんと分かってきます。

 

感じたものに対して、積極的に入り込んで

まるで自分が作っているかのような感覚になっても構いません。

≪自分が作っているのではないか≫と

表面意識では思うかも知れませんが

潜在意識にそれを感じさせられているということを

知っておいてください。

 

≪そんな感じがする≫

≪そんな気がする≫という感覚でもいいのです。

≪野原を感じてください≫と、誘導で言っても

感じづらい方は、野原を作っても構いません。

≪野原にいる気分≫や≪野原にいるつもり≫

になるだけでも構いません。

 

また、野原のイメージが湧かなければ

≪自分の好きな場所≫や≪安心できる場所≫

を作っても構いません。

 

イメージの中に積極的に入っていってください。

直感でも、思い浮かぶままに

自分でイメージを作ってください。

 

感じた事柄の多くは

潜在意識に作らされていると思ってください。

そして慣れてくると、その精度は上がってくるはずです。

 

前世が何だったかということよりも

何をどう感じたか、どう体験したかということが

心を深く動かします。

≪やってみたい≫と感じたときが、チャンスです。

直感の声に従うこと、それが前世への入り口です。

 

前世からの気づきは、心にどんな変容をもたらすのでしょう。

誰でも、お母さんのお腹に宿る前に

自分なりの使命を決めてきているといわれます。

 

≪優しいお母さんになる≫というささやかな使命かもしれません。

≪人々の心に寄り添える本物の総理大臣になる≫という

大きな使命かもしれません。

その人の魂のステージに合わせて

≪この人生で、私はこれを学ぶつもり≫と決めているそうです。

 

ところが

生活の中で、次々と押し寄せる細々したことに対応しているうちに

その使命は、いつしか意識の彼方に押しやられてしまいます。

まるで、もともと存在しなかったかのように・・・

 

そして、やがて

命にかかわる病気になって ≪もしかしたら、死ぬかもしれない≫

逃れられない人間関係に悩み ≪もう、心が壊れそう≫

というような人生の岐路に立ったとき

初めて自分の内面と向き合うチャンスが訪れます。

 

そのときにふと心に浮かぶのは、このような根源的な問いなのです。

≪私は何のために生きているのだろう≫

≪この人生の使命は、何なのだろう≫

≪私が心の底からやりたいと思っていることは、何だろう≫

 

これらの問いの答えは

あなたの無意識(潜在意識)のなかに眠っていることを

知っておいてください。

勇気をだして扉を開けてみましょう。

その存在さえも知らずに生きてきたけれど

≪私の心の奥底に、こんな思いが隠れていたんだ≫と

自分の本音に気づくことができるかも知れません。

深い意味で人生を捉えるようになり

生きていく価値観が変わるかも知れません。

 

ところで

あなたはこんな悩みはありませんか。

≪今度こそ気をつけようと意識しても、いつも同じ失敗を繰り返してしまう≫

≪身体に悪いから止めようと思うのだけれど、止められない習慣がある≫

≪なぜか分からないが、どうしても苦手なもの、怖いものがある≫

 

それらの原因につながる前世のできごとを感じることで

≪あぁ、そういうことだったのか≫と理解が深まるかも知れません。

≪何となく≫とか≪なぜか分からないけど≫という感覚は

前世からそのエネルギーを持ち越している場合に

生まれることが多いそうです。

 

潜在意識の世界と顕在意識の世界の景色は、どんな感じなのでしょうか。

氷山を思い浮かべてください。

海面に現れているのはほんの一部で、ほとんどが水面下に隠れています。

意識の構造も同様にイメージするといいでしょう。

人間の表面意識(顕在意識)は、一説には、わずか5%で

残りの95%は潜在意識と言われています。

 

私たちが活動しているとき

顕在意識は盛んに判断や分析や批判を繰り返しています。

そうやって頭を使っている自分を、自分の全てと思っている人は

多いのではないでしょうか。

 

たった5%しかない能力と情報をフルに活用して生きているこの肉体が

自分自身の全てだと思いこんでいます。

95%のなかに宝物が隠れているかもしれないことに、気づかずに・・・

 

しかし、潜在意識の出番がゼロかというと、そうではありません。

睡眠中やリラックス状態のときは、潜在意識にスイッチが入ります。

潜在意識のなかには膨大なデータが眠ったままあると言われています。

良いものも悪いものも全てひっくるめたデータバンクです。

 

人は輪廻を繰り返して、いくつもの人生を体験しています。

あなたのいくつもある前世の体験が、このデータバンクに記録されています。

あなたがその記録にアクセスしようとしても、簡単にはいきません。

潜在意識と顕在意識の間には、扉があるからです。

 

この扉を開けて前世のデータにアプローチするために

催眠療法があるのです。

催眠によって

体と心が充分にリラックスしたときにだけ、扉が開く仕組みなのです。

 

顕在意識はジャッジが得意ですが

潜在意識は判断をしない世界です。

良いこと悪いことを含め判断をしませんので

情報は、クリアーな状態で顕在意識に渡されます。

 

セッションの途中で、顕在意識がちょっかいを出すと

人は、感じた前世を疑ったり、半信半疑になったりするものです。

 

前世からの気づきを得る一番の早道は

感じたものに対して、判断をしないことです。

感じたことを大切になさってください。

なぜなら

人にとって、意味のない思いや感覚は存在しないからです。

 

リュミエールの催眠療法は、なぜ【ユニーク】なのでしょうか。

私たちの意識を見えないところでコントロールしているのは

潜在意識だと言われています。

では、潜在意識をコントロールしているのは、誰でしょう。

それは、自律神経のひとつ、【副交感神経】です。

睡眠中・食事中・好きな音楽にうっとりしている時などに活躍します。

 

通常、催眠療法はセラピストの言葉の誘導だけで

【副交感神経優位】にシフトさせるのですが

時には、なかなかリラックスできないクライアントさんが訪れます。

 

リュミエールでは

東洋医学に基づく【中医経絡超電療法】の機器【かいゆ】を併用して

そういうクライアントさんにも満足していただいています。

 

催眠に入る前にクライアントさんの自律神経を測定して

12経絡の状態を示すグラフを作成します。

それによって、催眠に入りやすい状態か

入りにくい状態かを判断します。

 

もし、入りにくい状態ならば

副交感神経を刺激するツボに【かいゆ】のコードを貼り

本人が気持ちよく感じるパルスを選んで通電します。

そして通電したままの状態で、催眠誘導に移ります。

言葉だけの誘導よりも、さらに早くリラックス状態になり

イメージが浮かびやすくなります。

 

もし、入りやすい状態ならば

グラフに示された経絡のなかから、バランスが乱れている経絡を選び

最適な調整ツボに【かいゆ】のコードを貼ります。

すると

セッション終了後には、心と共に、体調まで整っているのです。

 

あるクライアントさんから、こんな感想をいただきました。

≪あんなに大量の尿が出たのは、人生で初めて。

翌日、きつかったジーンズがするりとはけたんですよ≫

 

心と身体はつながっていますので

まさに一石二鳥の療法と自負しています。

 

ページ上部へ戻る