71歳の誕生日に重い腰を上げて、クックーがブログ・デビュー

  • 2014/10/15
  • 71歳の誕生日に重い腰を上げて、クックーがブログ・デビュー はコメントを受け付けていません。

 

幼いころのことで記憶はありませんが

私は疫痢に罹り、生死の境をさ迷ったと聞いています。

 

その事実を知って以来

「何か使命があって生かされたのかも知れない」

と思うようになりました。

子育てをしているときは

 

「こんな創造的な仕事は他にないから、これが使命かな?」

 

子供たち向けの英語の視聴覚教育をしていた20数年間は

 

「この子たちに英語の楽しさを伝えることが使命かな?」

人生の流れの中で常にこの思いが

通奏低音のように鳴り響いているのを感じていました。

振り返れば

何と様々な未知の世界を探検してきたことでしょう。

 

経絡体操  ヨガ  気功  競技用ダンス マクロビオティック

 

本断食  半断食  酵素断食  自然医学  陶芸  茶道

 

光線療法  真空浄血療法  O-リングテスト  波動療法

 

ヒプノセラピー

還暦を過ぎてから出会ったのがヒプノセラピーと中医経絡超電療法。

 

クライアントとしてのヒプノセラピー体験の記憶は次の通り。

 

*Aセラピストさんのセッション

 

最初のセッションから5回目までリラックス状態に入れず

イメージも浮かばず仕舞い。

 

この体験により

「私は催眠状態に入れない」という思いが

生まれてしまった気がします。

*Bセラピストさんのセッション

 

イメージは浮かびましたが

「これは自分でつくっている」という思いがしていました。

 

結局

「私の人生の使命は?」に対する

潜在意識からのメッセージを得ることはできませんでした。

ところが

後に経絡超電療法を学んで

「あぁ、そういうことだったのか」と気づきました。

 

実は

私の自律神経のバランスが崩れていたので

つまり

交感神経優位だったので

催眠状態に入れなかったのではないかと。

 

催眠状態とは

寝入りばなの状態、

副交感神経優位の状態を指していますから。

 

そこで

交感神経を鎮めるツボに

微弱な連続する電気刺激を与え続ければ

【催眠状態に容易に入れるのでは】と思いついたわけです。

つまり

自律神経を 【昼モード➡夜モード】 に調整するのです。

心と身体を同時に癒すことができたら

素敵だと思いませんか。

2つの療法の融合セッションは

まだ

ふたりのクライアントさんにしか行なっていませんが

とても良い感触を得ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る