慢性腎炎 やっと犯人の姿が・・・③

  • 2015/1/7
  • 慢性腎炎 やっと犯人の姿が・・・③ はコメントを受け付けていません。

 

上咽頭劇場 ただ今 開演いたしま~す

登場する役者は、個性派揃い!

 

⦿ 細菌・ウィルス

 

 (生きるのに必死なのに、悪役にしてごめん!)

 

⦿ 門番役  IgA抗体

 

(ウィルスキラー役も掛け持ちの活躍ぶり)

 

⦿ 伝令役  繊毛上皮

 

(リンパ球が集まってるなんて信じられない!)

⦿ マクロファージ・好中球

 

(どちらも白血球の一種だよ)

 

⦿ HT (本名=ヘルパーTリンパ球)

 

(司令官だぞ!)

 

⦿ CT (本名=サイトトキシックTリンパ球)

 

(直接、敵にアタックするのさ)

⦿ IgG抗体

 

(ウィルスにピタッとくっ付いて殺しちゃうぞ!)

 

⦿ Bリンパ球

 

(IgA抗体・IgG抗体を作るんだ。

     発射台になって送り出すのが役目さ)

第一幕     ・・・風邪が風邪で済む編・・・

 

 場面・・・上咽頭

 

⦿ 細菌・ウィルス が上咽頭の扉を叩く。

 

 ≪ノック、ノック≫ ≪入るよ≫

⦿ 粘膜ではIgA門番が見張っている。

ウィルスにはめっぽう強くて、くっついて侵入を食い止める。

 

≪コノヤロー≫  ≪参った、参ったよ~≫

ところが細菌には弱くて、歯が立たない。

 

≪文句あっか≫  ≪いえ、何でもないです トホホッ・・・≫

 

⦿ 上咽頭の粘膜で止められなかったウィルスや細菌が深部に侵入。

伝令役の繊毛上皮が体全体に伝令を出す。

⦿ マクロファージ・好中球登場。

 

≪ここは任せときな~≫

 

てなこと言ってもね~

 

好中球はウィルスに弱いの・・・

 

 ≪どけ~い!≫ ≪きゃっ!≫

両者は粘膜の近くでバトル続行・・・

 

鼻水や痰は、彼らの死骸なんだよ。

 

勇敢に戦った証しだから感謝してね~

⦿ それでも通り抜けてくる奴らがいる。

敵もしぶといね~

門番役の制止も

マクロファージ・好中球の攻撃も

くぐり抜けたウィルスたちが次々と・・・

 

この非常事態を感知して

繊毛上皮は、SOSを叫び続ける。

 

 ≪SOS、SOS、SOS・・・・・≫

⦿ ヘルパーTリンパ球の登場。

そこは、司令官ですからね。

 

テキパキと指令が・・・

≪SOS 了解! 繊毛上皮よりキャッチ!≫

 

 ≪ウィルス専門部隊 出動せよ!!≫

 

⦿ CT ・ IgA抗体 ・ IgG抗体 ・ Bリンパ球 全員出動!!

⦿ 一致団結! とうとう、敵を撃破しました。

 

 

第二幕    ・・・風邪が万病の元となる編・・・

 

場面・・・血管の中

 

風邪で上咽頭炎を起こしたことがきっかけで

 

さまざまな病気を引き起こすことがあります。

 

病巣感染です。

 

【風邪は万病の元】と言われる所以が、分かってきますよ。

 

⦿上咽頭で感染や炎症が起こっている状況は

 

なぜかウィルス専門部隊を勢いづかせてしまいます。

HT司令官が叫びます。

 

≪ものども、こうなったら血管に入って


    全身をかけめぐろうではないか!≫

血管に入ったHT司令官は

 

≪コラツ!!マクロファージ!!起きろ!!非常事態だ!!≫

 

 

⦿ 起こされたマクロファージが、好中球に声を掛けます。

 ≪ねえ、ねえ、何かあるみたいだよ。 起きて~≫ ≪ハ~イ≫

マクロファージも好中球も白血球の仲間なので

 

いつでも血管の中、どこにでもいるんんです。

 

⦿HT司令官が指令を出します。

≪よ~し 血管の中でも、部隊が揃ったな!!いざ出動!!≫

 

部隊は、血管の中でも攻撃を始めます。

さて、敵はどこに??

 

⦿ HT司令官が、とんでもないことを命令します。

 

≪敵は血管の中には いない!≫

 

≪が、みんな攻撃したくてたまらないんだ!≫

 

 

 ≪だから、自分の体の細胞を攻撃し続けるのだー!≫

 

⦿ 自分の体の細胞には何の罪もないのに!

 

司令官の命令には逆らえません。

 

司令官も、心の奥ではつぶやいているのです。

 

 ≪本当は攻撃などすべき相手じゃないんだが・・・≫

 

   ≪分かっちゃいるけど、もう止められないんだ!≫

で、部隊は 血管の中で大暴走!!

≪どこへ行こうかな~≫  ≪おっ いいとこ見っけ≫

IgA抗体とIgG抗体は、いいところを見つけたようです。

 

 腎臓に沈着しました。

⦿ こうして

血管の中や細胞、体のいろんなところで

 

攻撃と沈着が起きました。

 

自己免疫疾患をおこす原因のひとつとなってしまいました。

 

皮膚炎・腎炎・リューマチなどの関節炎などが発症したのです・・・

 


上咽頭劇場  これにて 閉 幕 いたします

 

 

 

このように

 

いろんな炎症をおこすきっかけを作った所を

 

 【源病巣】 と言います。

このドラマでは上咽頭が 【源病巣】 となりますが

 

他にも、口腔が 【源病巣】 になることは知っていますか?

介護施設で口腔清掃を徹底したら

 

肺炎が激減したニュースを見たことがあるでしょう?

【源病巣】 に感染や炎症がなければ

 

別の所に炎症が起こるはずもありません。

 

こんなふうに・・・

HT・司令官 & CT・アタック隊

 

≪俺たち 行かないよ~≫

 

IgA抗体 & IgG抗体

 

 ≪そりゃそうだね~≫

 

好中球 & マクロファージ

 

≪起されなくてやれやれだ・・・グーグーグー≫

 

上咽頭の感染や炎症がなければ

 

 戦闘部隊が


 わざわざ血管の中まで出かけていき


 暴走することはないのです。

 

 

 

 

 

   



   

  

























  

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る