≪目の前に生きて座っていらっしゃるのが不思議です≫    一体どんな生命エネルギー?

  • 2015/4/18
  • ≪目の前に生きて座っていらっしゃるのが不思議です≫    一体どんな生命エネルギー? はコメントを受け付けていません。

 

タイトルの言葉は

波動測定を受けたときのもの。

 

ガンの末期患者のような消え入りそうなエネルギーレベルとのこと。

 

≪少ないエネルギーを余程上手く使いまわして

今まで生きてこられたのですね≫

 

≪軽自動車でパリ・ダカールラリーに参加して

そこそこの成績を挙げているような感じです≫

 

50年以上もこのカラダと共に生きてきましたので

≪誰でもこんなもんなのかな≫と思っていました。

 

なので

ショックを受けることもなく

まるで他人事のように

≪へ~ぇ、私ってそうなんだ~≫と淡々としていましたね。

 

そして不思議なことに

この生命エネルギーが急上昇するときがありました。

 

海外旅行に行ってきた後です。

 

特にスイスの山々や大砂漠や大瀑布などの

大自然のなかに身を置くような旅の後。

 

ツアー客のなかにひとりポンと入ると

本来の自分になれる気がしました。

 

誰々さんの奥さんでもなく

誰々ちゃんのお母さんでもなく

どこどこのお嫁さんでもない

社会的な衣を脱ぎ捨てた私でいられました。

成田空港の滑走路から飛行機が

ふわりと空中に浮かんだとき、いつも思いました。

 

≪後は野となれ山となれ!わたしは自由!≫

 

生活に不満があるわけではなく

幸せな人生を送らせてもらっていると

頭では思っていたはずなのに

このセリフ・・・です!

 

自分でもびっくりしました。

 

家族旅行はよくしましたが

ひとりで、しかも海外でしたので

潜在意識の扉がゆるんだのでしょうか。

素の自分に気づいたのですね。

 

そして旅行を重ねるごとに

それまでの自分の嫌いな部分も含めて

自分が好きになっていったのです。

 

≪ぜ~んぶひっくるめた私が好き≫

 

この感覚が自然に自分のものになったこと、

それが海外旅行のくれたギフトでした。

波動測定の先生からのアドバイスです。

 

≪あなたの処方箋は海外旅行ですね。

毎月でもいらしてください≫

 

毎月は無理ですよね~。

でも、年に2~3回は行きました。

もうひとつ

ツアーで行く海外旅行のメリットがあります。

 

それは人間ウォッチングのまたとないチャンスなのです。

10~15日もの間、一日中行動をともにするのですから。

 

夫婦連れ、友達同士、親子連れなど

様々な人間模様が見えてきます。

≪人間って愛しい生きものなんだなぁ≫と思ったり

 

よそのご主人さまに叱られそうですけど

 

≪わたし、今の主人でよかったな、もっと優しくしなきゃ≫

なんて殊勝なことも思ったものです。

 

とにかく

 

波動測定の先生の魔法の言葉を旗印にして

せっせと≪自分が好きになる旅≫を15年くらい

楽しませてもらいました。

 

その後

 

海外旅行よりも、もっとワクワクすること

私の魂が感動で震えるようなことに出会ってしまいました。

 

催眠療法です。

 

喜びの深さが比べものになりません。

 

きっと

生命エネルギーも強くなっているのではないでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る