≪ありがとう≫と≪ごめんなさい≫の気持ちが感謝です

  • 2015/5/24
  • ≪ありがとう≫と≪ごめんなさい≫の気持ちが感謝です はコメントを受け付けていません。

あなたはどちらの言葉もスンナリと口にしているでしょうか。

 

≪ありがとう≫と≪ごめんなさい≫

 

私の場合

 

夫に対して≪ごめんなさい≫が難しく感じることが多いかも。

そういう時って

ごめんなさいよりも先に言い訳を言っていますね。

感謝の思いが足らないということですよね。

 

なので

今日のブログは、自分への戒めのつもりで書いています。

矢野惣一氏の著書の中に、私がドキリとした言葉があります。

 

≪ありがとうは上から目線でも言えますが

ごめんなさいは自分が相手より偉いと思っていたら言えません≫

≪えっ! わたし、夫より自分を偉いと思ってるんだ?≫

 

才能面では夫にとても及びませんが

家庭のなかでの基本的生活習慣については

確かに

≪もう少し成長してくれないかなぁ≫と思っていました。

 

これって、上から目線そのものですよね。

 

≪ごめんなさい≫は自分を相手に差し出すことだそうです。

 

自分を差し出すことは、心を開くこと。

なので

≪ごめんなさい≫はあなたの心の扉をひらくキーワードです。

 

こじれた人間関係で目にする状況があります。

 

≪向こうが謝ってこない限りは、こっちも謝るつもりはない≫と。

 

もしあなたが当事者だったら、どうしますか。

思い切ってキーワードを言ってみますか。

 

大変な勇気を必要としますが

 

このキーワードは

あなたの潜在意識の扉を開くとともに

相手の潜在意識の扉も開いてくれる魔法の言葉です。

 

 

顕在意識のせかいの勝ち負けの視点では

≪ごめんなさい≫と言ったほうが

負けを認めたことになるかもしれません。

 

しかし

 

潜在意識のせかいの価値観は違います。

勝ち負け、優劣の判断のない世界です。

 

≪ごめんなさい≫を先に言えた人の

その勇気に拍手が送られます。

 

≪ありがとう≫と≪ごめんなさい≫の言葉のあとに

省略された言葉があるのをご存知でしょうか。

次のような深い意味が込められているそうです。

 

ごめんなさい。こんな私でも受け入れてください。

 

ありがとう。あなたの愛を受け取りました。

感謝の気持ちのないところに幸せは育たないと言われます。

 

金品を受け取っても

 

感謝の気持ちがなければ

 

心は何も受け取っていないから。

ありがとうの気持ちが生まれなければ

 

物質的には豊かになっても

 

いつまでも、心は貧しいままです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る