自分にウソをつかずに夢に近づく≪この世の仕組み≫

 

前回の続きです。

目の前の現実ができあがるまでの≪この世の仕組み≫でしたね。

≪仕事に行くのが楽しい状態≫を引き寄せたくて

≪私は仕事に行くのが楽しいと思うことにしよう≫と考えると

≪思おうとしている現実≫しか与えられない。

≪じゃぁ、どうすりゃいいんだよ≫というところまででした。

 

≪あの世に聞いたこの世の仕組み≫に登場する守護霊さんは

著者に向かって、こうアドバイスしています。

≪私の存在を心の底から認め、感じることだ≫

≪そして、いつも私の声に耳を傾けていなさい≫

≪初めは自分の想像だと思っていてもいい。

心の中で私との会話を楽しみなさい≫

≪そうすることで、徐々に私の声自分の思考の違いが分かるようになる≫

 

さらにアドバイスが続きます。

≪おまえが感じているインスピレーションや思いつきはその大半が私の声だ≫

≪何かをしようと思っていたが

【ちょっと待てよ?この方法もあるぞ】というふうに

心の中でいくつかの選択肢が生まれたときには、そのうちのどれかが私の声だ≫

 

非科学的で証明しようもない世界の話ですので

反発も共感もあるのは当然のことでしょう。

しかし私たちが精神の安定を保って幸せな人生を送るのに

これ以上のアドバイスがあるでしょうか。

 

守護霊さんの話はこんな言葉で締めくくられます。

≪努力≫≪自分を信じる力≫になるんだよ。

≪欲望≫≪目標≫に変換してごらん。

すると

自分にウソをつかずに夢へ近づくことができるようになるよ≫

≪○○が欲しい≫という欲望は≪○○が足りない≫現実をつくってしまう。

一方

≪○○に近づいている≫という自信は

≪○○が近づく現実≫を引き寄せることにつながるんだよ。

 

夢を現実化するために、自分にできる範囲の努力をして

≪私は○○の夢に近づいている≫と思うときには、確かな実感が伴いますよね。

自分にウソをついていないのですから。

 

夢は追い求めてはいけない。

引き寄せなさい。

(でもそれなりの努力が先だよ・・・かげの声)

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る