ハイアーセルフって何?

 

結論から申しあげましょう。

ハイアーセルフとは、輪廻転生しても変わらない自分自身のこと。

 

ちなみに

自分以外の存在と言われているものに、守護霊とガイドがあります。

守護霊は、あなたの生涯にわたり、ずっと変わらずに守ってくれる存在。

ガイドは、人生のステージごとに、必要に応じて交代される存在。

心の底から何かを意図したときに、サポートしてくれる存在。

 

かつて私が波動測定を受けていたころ

≪自己嫌悪≫という感情コードを何度か目にしました。

実際の生活の場面でも

≪こんなことを思う自分が嫌いになりそう≫と感じることはたびたび。

 

自己嫌悪という感情の正体は何でしょう?

自分のなかに、エゴや低次元の一面を観たときに

それを自分のものとして認めたくないときに

生まれる感情と表現すれば近いでしょうか。

 

しかし聖人君子でもない限り

魂には低次元の側面や高次元の側面など、さまざまな波動がありますね。

≪間違っている≫とか≪程度が低い≫ということではなく

≪魂がまだ生まれて間もなかったり≫あるいは

≪子供時代だったり≫しているだけのこと。

生まれたての赤ちゃんを見て、程度が低いとは思わないでしょ?

幼い子どもを見て間違っているとは思いませんよね。

まだ学んでいないだけと思うだけ。

自分の魂にも他人の魂にも

そういう未熟の側面があることを認識しているといいですね。

 

どうやら

魂の未熟な部分がたまたま表面に現れたときに

私は≪自己嫌悪≫を覚えていたことになりますね。

低次元と高次元な部分が混在している状態が普通なのに

低次元の側面を認めたくなかったのでしょう。

 

ありのままの自分を認めるのって勇気がいります。

嫌な自分を認めることですから。

ハイアーセルフ(本来の自分)とつながり

この世に生まれた目的をクリアするためには

≪嫌な自分を認める≫ことがポイントのように思います。

 

あなたが嫌な自分と思っていることは

すべてハイアーセルフが魂の成長のために良かれと

お膳立てしてくれたギフトなのだそうです。

それらをクリアすることから何かを学びとり

魂に本来の輝きを取り戻してほしいという意図が込められているとか。

 

魂は、より高次元の存在になるために

肉体をまとって地球上に降りてきていると言われています。

 

あなたはこんなことを思ったことはありませんか?

≪もっと背が高かったらなぁ!≫

≪顔立ちがもっと整っていたらなぁ!≫

≪髪の質がもっとサラサラだったらなぁ!etc.≫

 

これらの悩みはあなたが責任をとれることでしょうか?

そのように生まれついたのですから、今のあなたの責任ではありませんよね。

≪親の責任だ!≫なんて言っている方はいませんか?

違います!

無理に言えば、あなたのハイアーセルフが担当する分野なのです。

あなたの魂がまとう衣装、生まれる環境の設定は

ハイアーセルフ(本来の自分)からの贈り物なんですね。

 

でも忘れてはいけないのは、いただいた贈り物を磨くこと。

これはあなたの責任ですね。

身体を健康に保つこと。

心の在り方を見つめること。

自分らしさを見失わないこと。

愛から行動すること。

 

磨いているうちに

嫌だなと思っていた贈り物に込められた深い愛に気づくときがきます。

何のために生まれてきたのかが分かるときと言ってもいいでしょう。

 

あなたの目の前に起こっている出来事が

あなたの希望しているものではないとき、こう考えてはどうでしょう。

≪ハイアーセルフが私の成長のためにセッティングしてくれたんだ≫と。

≪自分に起こることはハイアーセルフが意図した学びのステージなんだ≫と。

 

このような心の姿勢が身につくと

ハイアーセルフと深くつながることができるようになります。

折りにふれ、直感に助けられることが増えてきます。

直感はハイアーセルフからのメッセージですから。

やがて

ありのままの自分を受け入れることができるようになって

生きることが楽になっている自分に気づくかも知れません。

 

何かに迷ったときは

2~3分深い呼吸をして、落ち着いてみてくださいね。

直感がひらめきをプレゼントしてくれるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る